先輩社員へのインタビュー
氏名:後藤 晃 さん
入社:平成23年 生産管理課
(現在の仕事の内容は?)
生産管理業務「適切な量」を進行状況から見極め、その状況を生産ラインとの調整を行う。 自動車、油圧機器等に使われる部品の受注、生産計画、購買、運搬、検収業務等の作業を行っています。

(現在の会社を選んだ動機)
製造の仕事に興味があり、自分が作ったものが世に流通されて行く事に惹かれたからです。品質にもこだわり社員一人一人が目標を持って仕事を行っていることを知り、頼まれたら責任を持って最後までやり遂げたいという自分に向いていると感じました。

(仕事のやりがい・魅力は?)
生産すべき製品と生産量及び完成期日を計画する業務を主としてスタッフ5名で納期管理や部品発注、 外部業者との交渉、出荷管理など、小さな改善や努力の積み重ねが品質の安定という信頼を生む職場です。

先輩社員へのインタビュー
氏名:本多 誠 さん
入社:平成17年入社 品質管理課(検査係)
(現在の仕事内容は?)
自動車・油圧機器等に使われる部品の形状、長さ、厚み、外観等を検査する作業で、すべて指示書に沿った内容で行います。専門知識を必要とし、作業者のスキルアップを丁寧に指導しています。

(現在の会社を選んだ動機)
自動車部品や油圧機器部品を中心に製造を手掛け、品質重視のモノづくりで大手製造メーカーと継続的に取引を行い、受注・売上が安定しているため、人員補強で新たなメンバーとして働きたくなりました。

(仕事のやりがい・魅力は?)
品質管理課は、製造品質向上のため業務と製品検査業務を主としてスタッフ10名で活躍しており、年齢は20代~50代までと幅広く、7割が中途入社です。製品分析や問題点の分析などをとことん追求できる職場です。
社長へのインタビュー
氏名:野渡 透一 社長
(メッセージ)
フッ素樹脂というニッチですが、ポテンシャルの高い素材を中心に、高度な加工技術、品質管理力、豊富な供給力、価格競争力を背景に、今後も需要の増大をめざし、各分野への提案によって発展していく可能性のある会社です。ぜひ皆さんの前向きな力を貸していただき、一緒に社会により認められ、より誇りの持てる会社にしてきましょう!

(プロフィール)
1954年生まれ、62歳。神奈川県横浜市出身。神奈川県立横浜平沼高校卒。武蔵工業大学工学部機械工学科卒(機械工作研)。株式会社加藤電機を経て1982年に(有)飯田製作所入社。1987年、代表取締役に就任し、以降現職。