創立60周年のご挨拶

有限会社飯田製作所は、1つ前の東京オリンピックが開催された年の1964年7月1日に会社組織となり、創立60周年を迎えました。

このたび創立60周年を迎えることができましたのは、多くのお客様に支えられ皆様のご指導とお力添えのおかげと深く感謝しております。

設立当初は、社員数3名でした。その後、福島県の誘致でここ本宮に進出し、現在の福島工場での操業を始めます。

誘致企業の中では一番小さな会社でしたが、社長の「いつか跳ね返してやる」という気持ちと「地域で尊敬されるよう貢献していきたい」

という商工会や役所などでの活動を通して、地域の方々に受け入れて頂く中で、高校新卒者が採用できるようになりました。

量産体制が整い、大手メーカーからの受注が決まったのが、この頃です。一般的な企業の生存率は、創業から20年後で0.3%と言われています。

リーマンショックや大震災、お客様との関係など、いくつかの危機がありました。それらを乗り越えて迎えた60周年。

これからも「使う身になって作ろう良い製品」のスローガンのもと、歴史を積み重ねて行きたいと思います。

今後とも有限会社飯田製作所をよろしくお願い申し上げます。