フッ素樹脂ベアリング「アクアエアリング」が、2020年グッドデザイン賞を受賞しました

 有限会社飯田製作所は、2020年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。

 グッドデザイン賞は、1957年に創設された「グッドデザイン商品選定制度(通称Gマーク制度)」であり、以来約60年にわたって実施されています。「Gマーク」は創設以来半世紀以上にわたり、「よいデザイン」の指標として、その役割を果たし続けています。日本で唯一の「総合的なデザインの推奨制度」です。

2020年グッドデザイン賞

受賞対象の概要

 “ころ状”フッ素樹脂ベアリングを実現。荷重接触箇所が“球”⇒“ころ状”となり、軽加重にて汚れを避けたい箇所、衛生面を重視する箇所、保守メンテ回数を低減したい箇所、特に水中用途、塩水内用途、食品機械用途に最適。

デザインのポイント

1.目的

 耐久性・メンテナンスフリー・注油が不要な回転体システムを目的。

2.実現手段/方法

 自己潤滑性のある樹脂材料をベースに、ころ状ベアリング上として研究開発を進めた。

3.それらによって得られた効果・効用

 融雪剤で錆や劣化が懸念される遠隔屋外環境でも適用可能。

4.プロデューサー

 有限会社飯田製作所 代表取締役 野渡透一ディレクター

 有限会社飯田製作所 主幹技師 三宅茂夫、主任 保谷篤彦デザイナー

 有限会社飯田製作所 岩崎晴一郎、熊谷幸治、伊藤マナブ、後藤大輔、野渡潤也、花田秀美、戸田義春

受賞対象の詳細

1.背景

 突風を風車を廻す動力へ変換することで風を減じる「減風装置」へ適用する軸受けベアリングを、フッ素樹脂で開発することから開発企画が始まった。遠隔屋外環境への設置機器として、低摩擦(滑り)、メンテナンスフリー(注油)、耐環境性(サビ)が要求された。

2. 経緯とその成果

 ころ状ベアリングとして、輪径、転動体の個数や大きさ、接触角、テーパ角の寸法検討により、転がり摩擦の増加を抑えた。その結果、”技術的なデザイン”と”機能的なデザイン”が融合し、 ”樹脂部材のベアリング機能美の究極的な形”として、驚きの声多数。

3. 仕様

 材質:フッ素樹脂、樹脂材料

4.どこで購入できるか、どこで見られるか

 有限会社飯田製作所 福島第二工場

審査委員の評価

 輪径、転動体の個数や大きさ、接触角、テーパ角について検討を行い、軽加重において使用可能なフッ素樹脂製の円すいころ軸受を実現している。フッ素樹脂は自己潤滑性のため低摩擦であり、耐薬品性、対環境性に優れるため、さびや汚れを避けたい場所、衛生面を重視する場所、保守回数を低減したい場所、特に水中、塩水内、食品機械などに適した軸受となっており、社会に新たな価値をもたらす優れたデザインである点を評価した。

令和2年度 福島県ロボット関連産業基盤強化事業費補助事業に採択されました

令和2年度 福島県ロボット関連産業基盤強化事業費補助事業

日刊工業新聞に掲載されました(2020年(令和2年) 5月 22日)

日刊工業新聞に掲載されました

「 福島大など、水中調査ロボ軽量化 超小型浮力調整器を搭載 」

【福島】福島大学の高橋隆行共生システム理工学類教授と情野瑛特任助教のグループは、飯田製作所(横浜市泉区) ・・・

令和2年度 福島県ロボット関連産業基盤強化事業費補助事業に採択されました

令和2年度 福島県ロボット関連産業基盤強化事業費補助事業

日刊工業新聞(2020年(令和2年) 5月 28日)

日刊工業新聞に掲載されました(2020年(令和2年) 4月 20日 月曜日)

日刊工業新聞に掲載されました

「 飯田製作所、PTFEと金属材接合 引っ張り強度90kg 」

横浜知財みらい企業へ掲載されました(横浜企業経営支援財団IDEC)

横浜知財みらい企業(有限会社飯田製作所)

「新しい東北」復興ビジネスコンテスト 2019 キラリものづくり賞 記念対談に掲載されました

・「新しい東北」復興ビジネスコンテスト 2019 キラリものづくり賞 記念対談

【写真右:一般社団法人日本生産技能労務協会会長 青木秀登氏

【写真左:有限会社飯田製作所 代表取締役社長 野渡透一氏】

第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 「SICE SI2019優秀講演賞」を受賞しました

水中ロボットのためのPTFEを用いた超小型浮力調整器の検討

第21回 次世代プラスチック成形技術研究会(共催:トライボロジー融合研究会)~経済産業省東北経済産業局 令和元年度地域中核企業創出・支援事業~ で講演いたします。(@令和元年12月5日(木) 13:30-17:00 東北経済産業局 会議室AB)

横浜知財みらい企業に認定されました(横浜企業経営支援財団IDEC)

横浜知財みらい企業に認定されました(横浜企業経営支援財団IDEC)

新しい東北」復興ビジネスコンテスト2019 ”キラリものづくり賞(生産技能労務協会)”を受賞しました

「新しい東北」復興ビジネスコンテスト2019

令和元年度第2回特許等調査・出願経費助成事業に採択されました

令和元年度第2回特許等調査・出願経費助成事業 (採択結果)

令和元年度第2回ふくしま産業応援ファンド事業(助成金)に採択されました

令和元年度第2回ふくしま産業応援ファンド事業(助成金) 採択結果

中小企業基盤整備機構 FASTAR事業へ採択されました

中小企業基盤整備機構 FASTAR事業

採択企業一覧

FASTAR

令和元年度 福島県戦略的知的財産一貫支援事業 に採択されました。

令和元年度 福島県ロボット関連産業基盤強化事業費補助事業に採択されました。

・令和元年度ロボット関連産業基盤強化事業費補助事業

福島県地域経済牽引事業計画の承認をうけました

日刊工業新聞に掲載されました(2019年(令和元年) 8月 5日 月曜日(大安))

飯田製作所、フッ素樹脂部材の開発加速 一貫評価体制を整備

【福島】飯田製作所(横浜市泉区、野渡透一社長、045・719・3849)は、福島工場(福島県本宮市)と福島第2工場(同)でフッ素樹脂(PTFE)を用いた部材の開発を加速する。福島工場に高圧試験機を設置。耐久力や水素環境下で材料の劣化などを一貫して評価できる体制を整えた。PTFEの…

福島県ロボット産業紹介冊子「R.B.T」(アールビーティー)に掲載されました

ロボット産業紹介冊子「R.B.T」(アールビーティー)に掲載されました。

ロボットフェスタふくしま2019に出展します(2019年11月22日(金)、23日(土)@郡山市ビッグパレットふくしま)

一般社団法人 プラスチック成形加工学会第30回(平成31年6月12日~ @タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1))年次大会で共同発表しました

中小機構 新価値創造NAVI/PORTALに会社紹介動画が掲載されました

フッ素樹脂の滑り性能をベアリング用途に!「フッ素樹脂ベアリング」

フッ素樹脂の滑り性能をベアリング用途に活用した「フッ素樹脂ベアリング」です。
フッ素樹脂のベアリングを開発したいと長年考えていたことが開発の背景としてあります。
特長としては、フッ素樹脂のため金属製のベアリングよりも軽量ということ。また摺動性が高いため潤滑油が不要なことにあります。
さらに金属の摩擦音がないため作動音が少なく静音です。
またフッ素樹脂は溶剤でも溶けないため、硫化物があるような厳しい環境下でも使用することができます。

経済産業省「令和元年度 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)」に採択されました

2019年06月04日 東北経済産業局

経済産業省では、令和元年度戦略的基盤技術高度化支援事業について、平成31年1月28日から平成31年4月24日まで公募を行いました。採択審査委員会にて厳正な審査を行った結果、304件の申請に対して、137件の事業を採択しました。

このうち東北管内においては、27件の申請に対し、14件の事業の採択を決定しましたのでお知らせします。

・研究開発計画名
テラヘルツ波偏光計測を用いたフッ素樹脂(PTFE)内部残留応力評価法での残留応力計測による切削加工品質の安定化の研究開発
・ 研究概要
切削加工分野でのフッ素樹脂(PTFE)部材は、焼成・切削加工後の残留応力の開放により、部材の安定性が低下する。「残留応力計測技術」と「残留応力の発生を低減する切削設計技術の確立と体系化」を図り、品質の安定性・安全性の向上により、材料歩留まり向上に寄与する切削加工技術の確立を目指す。

経済産業省 東北経済産業局 中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づく特定研究開発等計画の認定(第25回)を受けました

2019年05月31日 東北経済産業局

東北経済産業局では、「中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律」に基づく「特定研究開発等計画」について、令和元年5月30日付けで、25回目の認定を行いましたのでお知らせします。
今回の認定は、新規件数27件で、対象となる中小企業は共同申請者を含めると34社になります。

平成30年度 福島県 ロボット関連産業基盤強化事業成果発表会にて発表を行いました

福島県ロボット関連事業研究開発成果発表会2019の開催案内です。

平成30年度 津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金(製造業等立地支援事業) に採択されました

平成30年度 津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金(製造業等立地支援事業) に採択されました。

平成30年度 福島県 ロボット関連産業基盤強化事業に採択されました

平成30年度 福島県 ロボット関連産業基盤強化事業「フッ素樹脂(PTFE)高度精密切削加工による動力伝達損失低減の研究開発」が採択されました。

平成30年度 福島県 中小企業外国出願支援事業に採択されました

「有限会社飯田製作所における研究活動上の不正行為の防止及び対応に関する窓口」への連絡先

有限会社飯田製作所第二工場 総務課 TEL:0243-64-2320 FAX:0243-64-2571 まで、お願いいたします。

特許庁長官から特許証(CERTIFICATE OF PATENT)が発行されました 

特許庁長官から特許証(CERTIFICATE OF PATENT)が発行されました 

①特許第6423404号 シール構造及びその製造方法 

②特許第6423405号 シール構造及びその製造方法 

③特許第6379079号 ラジアルころ軸受

平成30年度 中小企業基盤整備機構 海外ビジネス戦略推進支援事業に採択されました

・平成30年度 中小企業基盤整備機構 海外ビジネス戦略推進支援事業

平成30年度 第1回ロボット部材開発検討会で講演しました

平成30年度 第1回ロボット部材開発検討会で講演しました。

・日 時 : 平成30年8月22日(水曜日) 13時30分~15時30分

・場 所 : 福島県ハイテクプラザ 多目的ホール(郡山市待池台1丁目12番地)

(1) 開 会

(2) 挨 拶
ロボット部材開発検討会代表
福島大学 教授 高橋 隆行

(3) 特 別 講 演
「印刷プロセスを使ったフレキシブル圧力センサシートの開発と応用」
山形大学大学院有機材料システム研究科 准教授 熊木 大介 氏

(4) ロボット部材に関わる県内企業の取組紹介と意見交換

・福島大学 教授 高橋 隆行 (モデレーター)

・有限会社飯田製作所
代表取締役 野渡 透一 氏

・株式会社東鋼
代表取締役社長 寺島 誠人 氏

・藤倉ゴム工業株式会社
営業本部 営業開発室 副室長 水上 丈太郎 氏

(5) 事務連絡
・ロボット産業支援コーディネーターの紹介
・ロボット部材掘り起こし隊

(6)  閉 会

ロボットフェスタふくしま2018で講演・出展しました

平成30年 文部科学省JST研究 成果最適展開支援プログラムA-step(東京大学との共同研究) に採択されました。

平成30年 文部科学省JST研究 成果最適展開支援プログラムA-step

平成30年度「横浜ものづくり企業ガイド」に掲載されました

平成30年度 福島県ロボット関連産業基盤強化事業に採択されました

「フッ素樹脂(PTFE)高度精密切削加工による動力伝達損失低減の研究開発」テーマにて、ロボット部材をはじめとする機構部品のブレークスルーにつながる研究開発を進めてまいります。